日々成長する小学生・中学生・高校生の娘たちを持つずぼらママの子育てブログ。

6歳差姉妹のEnjoyLife

40代ママのグルメ情報

産地直送の干し物レシピ・一挙公開!

更新日:

先日、ごーじょーもんさんから送ってもらった一夜干しセット。

お得な一夜干しセット

最初のスルメイカのレポートはこちら。
>>「大きなスルメイカの一夜干しを食べました」http://enjoy-kids.com/2013/03/gojyomon/

残りの一夜干しはこんなレシピでいただきましたよ~♪

ハタハタの干物-カラアゲレシピ-

まず最初にいただいたのはハタハタ。
検索したら、「はたはたはカラアゲにすると旨い」との記述多数により、我が家も「はたはたのカラアゲ」にしてみました。
生のハタハタを使用するときは、エラの処理とか内臓の処理とかが大変らしいんだけど、こちらの一夜干しは「処理済み」なので楽ちん。
なんもしなくてOKです。解凍するだけ。

ハタハタ内臓処理済み

内臓は処理済みだから楽ちん

塩味もついているのでそのまま小麦粉をはたいて油にドボン!ジュゥ!でおしまい。
めっちゃ、簡単やーん★

ハタハタのからあげ

背骨がちょっと硬いので、骨まで食べないように、吸い付く感じで食べました。
子供たちから「もっとないの?」と催促されるほど、好評でした。

赤カレイの干物-煮つけレシピ-

赤カレイは煮つけにしてみました。

赤カレイの煮つけ

一夜干しは元から塩が振ってあるので、味付けは薄味を心がけたつもりだったのですが、それでも少ししょっぱく感じてしまいました。
煮つけにすると塩味を強く感じるのかもしれません。「ちょっと薄味」なくらいではまだまだしょっぱく感じちゃいます。
「メッチャ塩分控えめ」のつもりで味付けしてください。要注意ですね。

それでも、お味は抜群。
普段食べているカレイって、臭みがあったんだな、とこれを食べればわかります。タンパクでさっぱりしてる。何の匂いもない。
カレイの旨みと甘味(と味付けの塩味)しか感じないほどの、美味しさでした。

新鮮だからかとても身離れが良く、キレイにはがせるので、お箸練習中の妹ちゃんが嬉しそうに1人でほぐしていたのが印象的でした。

赤カレイの煮つけ

お姉ちゃんはペロリと一匹御完食。完食後「もっと大きなカレイだったらよかったのに」とのこと。
確かに他のカレイも少し小ぶりです。
でもだからこそ、臭みがなく味がしまっているのかもしれません。

ベタカレイの塩焼き-焼き物レシピ-

赤カレイを煮つけにしてしょっぱかったので、やっぱり干し物は焼くに限るわ!と思い立ち、ベタカレイはそのまま塩焼きに。
塩焼きといっても、塩味はついているのでグリルで焼くだけです(笑)。

でも、これが一番おいしかったんだな。
やっぱり一夜干しの一番美味しい食べ方ってグリルで焼くのが一番いいかも。

ベタカレイの一夜干しレシピ

程よい塩加減が絶妙で、身がホクホクしていました。
醤油などは不要で、そのままいただくのがお魚の味が感じられて美味しかったです。
食べてみると、いつもの一夜干しとは鮮度が違うって、よくわかりますよ。

ベタカレイの一夜干しレシピ

いつもは何にでもドボドボっと醤油やマヨネーズをかけて食べる主人も、さすがにこれは「うまいうまい」と何もつけずに食べていました。

 白カレイもやっぱり焼くだけ

前回のベタカレイの塩焼きが滅茶苦茶おいしかったので、ラストの白カレイも塩焼きにしました。
解凍してグリルで焼くだけ。ホントに助かります。
ベタカレイよりも、大分大き目だったのですが、全然1人でペロリと食べられましたよ~。

白カレイ

本当にホクホクした身が印象的。
身離れが良いところにも、新鮮さがよくわかります。

白カレイ

やっぱ干し物は塩焼きが一番だなっ!

今回いただいた干し物セットは、福丸ごーじょーもんさんのもの。
興味がある方は覗いてみてください。

>>福丸ごーじょーもん
越前の幸 福丸ごーじょーもん

-40代ママのグルメ情報
-

Copyright© 6歳差姉妹のEnjoyLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.