日々成長する小学生・中学生・高校生の娘たちを持つずぼらママの子育てブログ。

6歳差姉妹のEnjoyLife

40代ママの美容 ママのテニス日記

ひじ用アイシングサポーター・スポーツクール 

投稿日:

今年になってテニスの回数を増やしたら、だんだんと肘が痛くなってきました。
「テニスエルボーの予防には、レッスン直後のアイシングが基本!」ということで、アイシング用のサポーターを購入しました。

アイシングサポーター

今回購入したのはゼット㈱のアイシングサポーターAIC-2600。
氷水で冷やすのではなく、専用の冷却剤(アイスノンみたいな保冷剤)をメッシュの中にはさむタイプ。
氷袋のタイプは氷水を作るのが面倒くさいかなーと思ってこっちのタイプにしたのですが、これが大正解でした!

簡単便利!冷却剤タイプだから、面倒くさくありません!

この冷却剤はあらかじめ冷凍庫で凍らせておきます。
凍らせてもカチカチにはなりません。アイスノンみたいに、冷えても柔らかですよ~。
この保冷剤をメッシュのポケットに入れまして、あとは患部にぐるりと巻くだけ。

アイシングサポーター2

今までお手製の保冷剤や氷袋でアイシングしていた時には、利き腕の右の腕に固定させるのがとても大変だったんですが、これならマジックテープをペタリと貼り付けるだけ。
手伝ってもらわなくても一人で巻きつけられて簡単ですよ~。

アイシングサポーター3

冷剤は柔らかいから細い肘でも安定感抜群

このアイシングサポーターは、生地が大変伸縮性にとんだ素材。ギューッと伸ばして巻きつけてもキツク締めつけることなく安定します。
ヒジは細いですし、アイシングしながらもよく動かしてしまう箇所なので、ズルズルと保冷剤がずれてくることがあったのですが、このサポーターはずれて落ちることはありませんでした。
保冷剤も柔らかくヒジに丸くフィットしてくれます。

アイシングサポーター4
氷水を直接当てるようなキンキンした冷たさではなく、ジワジワ冷やしてくれる感じ。長時間冷やしていられます。
それでも冷え性の私は直接は無理なので洋服の上から冷やしていますが、5分もしたら指先まで冷え冷えです。

ゼット㈱のアイシングサポーターは全部で3種類

ゼット㈱のアイシングサポーターは、以下の3種類。どれも専用の冷却材を使いますが、使用する冷却材のサイズが違うので買う時には注意。

1.肩用


ゼット(ZETT) C-ing15アイシングサポーター(肩用) AIC5200

サイズ;フリー
SIC-1000(小さい方の冷却材)を2個使用

2.ヒジ・ヒザ専用


ゼット(ZETT) C-ing15アイシングサポーター(ヒジ・ヒザ専用) AIC3000
サイズ;23×62㎝SIC-1200(大きい方の保冷剤)を1個、または、SIC-1000(小さい方の保冷剤)を1個

3.ヒジ・足首・ヒザ・太もも用


ゼット(ZETT) C-ing15アイシングサポーター(ヒジ・足首・ヒザ用) AIC2600サイズ;18×75㎝
SIC-1200(大きい方の保冷剤)を1個、または、SIC-1000(小さい方の保冷剤)を1個

今回私が購入したのは3番目の「ゼット(ZETT) C-ing15アイシングサポーター(ヒジ・足首・ヒザ用) AIC2600」。
こちらはベルトが一本ベルト状になっているタイプですが、2番目のゼット(ZETT) C-ing15アイシングサポーター(ヒジ・ヒザ専用) AIC3000は固定するマジックテープが二股2本に分かれていて曲がった関節にピッタリ固定できます。
アイシングサポーター5

 

楽天でも探しましたが、保冷剤と一緒に買っても送料無料のお値段にならず断念。
結局、AMAZONさんが送料無料で一番お安かったです。

>>AMAZON「アイシングサポーター ゼット」での検索結果↓こちらです。

-40代ママの美容, ママのテニス日記
-,

Copyright© 6歳差姉妹のEnjoyLife , 2018 All Rights Reserved.